ホーム > 丹羽療法友の会ご挨拶
 


 

  当サイトをご覧頂き誠に有り難うございます。
  さて、情報化社会、ITということばが盛んにもてはやされていますが、私たちの健康に関する情報は極めて乏しいといわざるをえません。
  出産に関わる産婦人科から老人医療まで、まさ人の生涯に関わる医療の現場における医療事故は後を絶ちません。しかも、原因究明も不十分で解決されることがありません。高度の技術が集積している医療の現場で、なぜエラーが発生し尊い命が失われてしまうのでしょうか?
  また、たとえば癌治療においても、放射線治療た抗癌剤による治療を医師は常識として何の疑いもなく用いるのに対して、多くの患者さんがこうした癌治療に抵抗感を持ち、また苦痛に悩んでいます。
  病身の立場にたった治療を施す医療はやっと端緒についたばかりで、そのような病院を探すのにも苦労するという、情報化社会の日本で皮肉な現象があります。
 
  そんな中、私達は丹羽療法「丹羽SOD様作用食品」で、実際、病を克服、また良い方向に向かわれている人々が立ち上げた、丹羽療法愛用者団体です。私達自身、沢山の療法や、健康食品などを経過し、たどり着いたのが、丹羽療法でした。つまり、このサイト『niwa-careドットネット』を立ち上げた理由も、少しでも私達の様に、病と闘っていらしゃる方々の、参考又は、丹羽療法を摂り入れて、良い方向に向かわれることを願うことが目的です。
  また、もう一つの理由に、活性酸素やSODという言葉もメディアで、良く耳にするようになり、沢山の企業が、
私たちのこうした健康への不安に付け込むかのように、医学誌というよりむしろ健康雑誌が氾濫し、様々な健康食品を紹介しています。そこでは、漢方薬などを、先進技術を利用して新たな画期的成分が含まれているかのように紹介しています。『活性酸素・SOD』に関わる物を、世に出始め皆様も、何が本物か、混乱なされているかと思います。もっとも悪質なのは、いかにも丹羽博士の製品かのように、販売をしている物が多く出まわっており、同じ成分でも人体が吸収するための、加工法(国際製法特許)をしなければ効き目が鈍ります。その加工法自体も、技術が必要不可欠で、丹羽博士のご指導が無ければ、丹羽SOD様作用食品の完成はあり得ないのです。
 

 

サイトマップ