ホーム > “西洋と東洋を統合した医療の実践と研究”

 
“西洋と東洋を統合した医療の実践と研究”
− アトピー性皮膚炎,癌,膠原病の原因と治療 −
 

( Clinical and Basic Research on Biological Medicine Amalgamated with Western Medicine
------Causes and Treatment of Dermatitis, Malignancy and Collagen Disease )

丹羽  靱負
(Yukie Niwa)

土佐清水病院
(Tosashimizu Hospital)

 

要旨:1970年代より環境汚染がピークに達し、窒素化合物及びオゾン層の破壊により増量した紫外線の産生する活性酸素が、アトピー性皮膚炎患者の激増・重症化をもたらし、更に癌、重傷膠原病患者の増加、重症化を招いている。これに対する治療法として西洋医学では細胞障害性が強くて、癌よりも人間を先に苦しめて殺傷してしまう chemotherapy, radiation therapy に、病気の完治につながらず、従って長期間使用を余儀なくされ、致命的な副作用の出現するステロイド療法などしかこれらの難病に対する治療法がない。一方、副作用のない天然の生薬にはそれほどの治療効果が期待出来ないのが現状である。演者は副作用のない天然の植物種子を、遠赤外線焙煎・麹発酵及び油剤化することによって、天然の生薬中に含有される抗酸化物質や、制癌物質を active な free の活性型にする加工方法を会得し、副作用がなく効果の優れた10数種類の天然の生薬の開発に成功し、重症アトピー性皮膚炎、進行・末期癌、重症膠原病患者の治療に使用している。結果は、進行・末期癌患者及び SLE、皮膚筋炎などの重症膠原病患者、また年間1万人を超す重症アトピー性皮膚炎患者に対し、chemotherapy,  radiation 更にはステロイド療法に勝るとも劣らぬ治療成果をあげている。演者は、今回その生薬開発方法並びに生薬の治療効果について発表する。

 

 

T アトピー性皮膚炎の今昔
U 1970年代は地球の変化した年である

V ADの成因とその激増・悪化の原因

W 癌・膠原病の増加と悪化

X 西洋医学のchemotherapy, steroid 療法の限界とその副作用

Y マイクロバイオティック,Biological Medicine の現状
Z 丹羽療法による臨床治療効果
[ BG-104,BG-103, BWSの治療効果−11例の代表症例−
\ 我々の治療にみられるQOL
文 献
※ADとはアトピー性皮膚炎( atopic dermatitis, AD)の略です。

 
おわりに
 
以上のように、この丹羽療法を行なって下さっている全国のSOD臨床研究会会員の先生方も200名を超し、また、当院に弟子入りし、就職して下さる先生も20名近くなりました。皆、私の丹羽療法の副作用がない天然の生薬が実際に予想外の治療効果を示すという大きな利点に、心酔或いは惚れ込んで来て下さった先生方である。演者は、このような治療は、遺伝子治療も叫ばれ、次々と cytotoxic な新薬が現れている昨今、環境汚染の悪化と共に考えさせられることは、この副作用のないしかも優れた効果を示す丹羽療法は、ここ5年、10年、20年後の日本否世界の医療として用いられる必要があり、また、これは現代の環境汚染、クスリの副作用に悩んでいる現代人の心底からのニーズであると信ずるものである。

丹羽靱負,土佐清水病院,高知県土佐清水市旭町4-4
※この内容は第9回生命情報科学シンポジウム内特別講演にて発表されたものです。2000年9月3・4日
 


サイトマップお問い合わせ