ホーム疾患別資料 > 《6》便秘とSOD様作用食品

  便秘が一因とも思われる大腸癌は、近年ますます増加し、これまで癌の中で最多の胃癌に肩を並べつつあります。後数年で、大腸癌は癌の最多疾患になると予想されています。
 
  便秘と活性酸素やSOD様作用食品の関係は、丹羽博士著「SOD様作用食品の効果」にしか掲載されています。例えば、胃潰瘍やアトピーの人にSOD様作用食品を摂取してもらうと、胃症状やあ皮膚症状の改善とともに、便秘が改善した、とのお話を伺います。
 

便 秘 の 発 生 要 因

食事の変化・ストレスの増大・排便の抑制など

SOD様作用食品の摂取

SOD様作用食品の
食物繊維の腸壁刺激

活性酸素や過酸化脂質
除去で腸血流改善

便 秘 の 改 善

 
 
活性酸素を除去することで諸疾患の発生や老化を予防するSOD様作用食品の便秘に対する作用機序は解明されてはいませんが、多くの摂取例で便秘の改善に有効性を示しています。尚、便秘に対するSOD様作用食品の作用機序を、ミスを恐れずあえて推測すれば、上のチャートのようです。

 《6》  便秘とSOD様作用食品コンテンツ

1 「便秘の実態」を知り・危険な便秘を早期察知!
2 図で見る便秘による諸症状と諸疾患
3 便秘薬は腸の壁をただれさせる
4 便秘に対するSOD様作用食品の効果
 
サイトマップお問い合わせ