ホーム疾患別資料 > 《9》「がん」と活性酸素

  私たちの身体の中は、毎日何千個もの細胞が癌化(この発癌のキッカケをイニシェーション=引き金といいます)しています。しかし、私たちは自然治癒力があり、癌化した遺伝子が修復されています。もし、癌増殖速度に自然治癒力が追いつかない(プロモーション=促進といいます)場合は、癌細胞は増殖しています。活性酸素は、この発癌のキッカケと増殖の両方に関係しています。

活性酸素の発生要因

 化学物質(農薬・殺虫剤・医薬品・加工食品)
 ス ト レ ス(精神的ストレス・喜怒哀楽)
 医療行為(抗癌剤・放射線治療)
 その他の活性酸素の発生要因

大量の活性酸素が発生

体内の酵素SODの不足

活性酸素が、発癌のイニシェーター
として作用し、
細胞が癌化

活性酸素が、癌のプロモーター
(促進物質)と作用し、癌化が促進

発癌や癌の転移、奇形

  現在、癌による死亡は死亡原因疾患の第1位で、死因の30%以上です。今後も、癌による死亡率はますます増加するといわれています。癌の発生・進行の予防には、加齢に伴ない減少する酵素SODの不足を補うことも一方法です。SOD様作用食品は、癌の発生・進行に関与する活性酸素を除去します。

  《9》 「がん」と活性酸素コンテンツ

1 癌制圧の限界見極めて
2 活性酸素が発癌に関与[人体組織で確認]
3 抗癌剤治療の実態とあり方は
4 天然SOD製剤が・ガン治療に革命を起こす
5 活性酸素による癌の発生と予防
6 「がん」診断と予防・坑酸化食品のとりかた
7 SOD製剤およびSOD様作用食品投与による癌治療実績
8 癌は遺伝するか?
 
サイトマップお問い合わせ