ホーム疾患別資料 > 《10》腎臓疾患(腎炎)と活性酸素

  腎臓は血液中の不必要物を濾過し、尿として排泄する臓器ですが、この濾過機能は、加齢(50歳以降でその傾向)により低下します。薬剤を長時間服用している老人では、濾過機能の低下のため、血液中の薬剤の濃度が上昇し、一般成人では副作用が出るはずがない量の薬でさえ副作用を発生します。(「サイエンスQ-薬の適量がわからない」:NHK第1放送88-06-22)より

  腎臓の機能と、活性酸素(および過酸化脂質)や酵素SODに関しての詳細は不明ですが、腎臓には活性酸素や過酸化脂質の値が高く、SODを投与すると、腎臓機能が回復するとしています。(丹羽博士)

腎臓は元来、活性酸素や過酸化脂質が多い
 


除去のため、酵素SODが必要?

体内の酵素SODの不足

腎 臓 機 能 低 下
血液中の不要物の増加で、ときに透析に至る

  腎臓疾患あるいは加齢による腎機能の低下に、加齢に伴い減少する酵素SODの不足を補うことも一方法です。SOD様作用食品は、腎機能の低下による腎臓の透析に高い有効性を示します。(丹羽博士)

  《10》 腎臓機能(腎炎)と活性酸素

1 腎臓機能とSOD様作用食品
2 腎臓機能の改善とSOD
3 ウーロン茶に腎臓改善効果が!
 
サイトマップお問い合わせ