ホーム疾患別資料 > 《11》アトピー性皮膚炎と活性酸素

  アレルギーの起因する皮膚の炎症の代表的な疾患として、アトピー性皮膚炎があります。最近の研究で、アトピー性皮膚炎は、過酸化脂質(活性酸素とLDLコレステロール中の不飽和脂肪酸がら生成)が大きく関与していることがわかってきました。

活性酸素の発生要因

 化学物質(加工食品)、環境汚染(大気汚染)
 電   磁   波(紫 外 線)、ス ト レ ス(精 神 的)
 その他の活性酸素の発生要因

LDLコレステロールの存在

過酸化脂質の生成

体内の酵素SODの不足

皮膚の保湿機能の破壊

皮膚の乾燥(乾燥肌)
アトピーの増加・悪化

  紫外線の増強・大気汚染・食生活の変化などで増加するアトピー性皮膚炎の発生・進行の予防には、酵素SODの不足を補うことも一方法です。SOD様作用食品は、アトピー性皮膚炎の発生・進行に関与すると思われる活性酸素および過酸化脂質を除去します。

  《11》 アトピー性皮膚炎と活性酸素コンテンツ

1 重症アトピーが治る注目のSOD療法
2 治療には皮膚の保湿や防御策が重要だ
3 SOD療法の症例から@
4 SOD療法の症例からA
5 SOD療法の症例からB
6 SOD療法の症例からC
 
サイトマップお問い合わせ