ホーム疾患別資料 > 《12》アレルギーとSOD様作用食品

  生体には、外部からの異物の「抗原=アレルゲン」に対し、防御機能として「抗体(抗原抗体反応)」があります。一度、生体内に抗体が生成されると、抗体の消退はほとんどないようです。症状は、皮膚の炎症、目や鼻や気管支などの粘膜の炎症などです。
 

抗原(アレルゲン)の存在

皮膚の炎症(ダニ・化学製品・金属・植物・刺激物)
粘膜の炎症(スギ・ヒノキ・ブタクサ・ダニ・カビ)      

生体と抗原の接触
抗原に抵抗するために、生体内に
抗  体  が  産  生
抗原が生体を再襲来、抗原と抗体との戦いが
抗原抗体反応で、この強い反応がアレルギー
抗原抗体反応としての炎症

皮膚の炎症 粘膜の炎症

アトピー性皮膚炎
アレルギー性接触皮膚炎

花粉症・アレルギー性鼻炎気管支喘息

炎症抑制にSOD様食品

 
 
皮膚や粘膜のアレルギー性疾患では、炎症に伴って活性酸素が発生します。また、疾患の性質上、長期にわたり坑炎症剤が投与されます。SOD様作用食品は、優れた坑炎症作用を示す、副作用のない食品です。

 《12》  アレルギーとSOD様作用食品コンテンツ

1 アレルギー疾患とは?
2 アレルギー疾患@  皮膚の炎症
3 アレルギー疾患A  粘膜の炎症
4 気管支喘息やアレルギー性鼻炎の薬で副作用
5 花粉症薬で不整脈
 
サイトマップお問い合わせ