ホーム疾患別資料 > 《13》膠原病(代表が関節リウマチ)と活性酸素

  膠原病は、身体の臓器と臓器を結びつける膠原組織に異常が起きるもので、病気は長期化し予後は不良な場合が多いようです。膠原病は女性に発症することが多く、「女性の病」とも言われています。最近の研究では、膠原病の発症・進行に活性酸素が関与していることが報告されています。なお、膠原病のメカニズムの全ては明らかになっていませんが、概略的に示せば、以下のようです。

体質的要因

活性酸素の発生要因

自己免疫異常

大量の活性酸素が発生

LDLコレステロールの存在

過酸化脂質の生成

体内の酵素SODの不足

膠原病の発生・進行

  女性に多いといわれる膠原病の発生・進行の予防には、加齢に伴い減少する酵素SODの不足を補うことも一方法です。SOD様作用食品は、膠原病の発生・進行に関与する活性酸素および過酸化脂質を除去します。

 《13》  膠原病と活性酸素コンテンツ

1 膠原病(代表が関節リウマチ)の概略
2 膠原病と活性酸素@
3 膠原病と活性酸素A
4 膠原病と活性酸素B
 
サイトマップお問い合わせ