ホーム疾患別資料 > 《17》スポーツと活性酸素

  「スポーツは身体に良い」といわれていますが、最近の研究では、スポーツの「筋力をつけ、循環を改善する」という長所だけでなく、「活性酸素を発生させ、様々な障害や成人病、老化の原因となる」という短所も報告されるようになりました。

活性酸素の発生要因

スポーツ
呼吸量や心拍数を増加させる運動をいいます。

大量の活性酸素が発生

酸素消費量の増加 : 運動の最中には酸素消費量が増加、結果的に産生される活性酸素が増加します

血流停止や再灌流 : 筋肉に大量血液が流入、内臓は虚血状態。運動停止で再び内臓に血流が戻る時、大量の活性酸素が発生

 ス ト レ ス : 練習や試合中のストレスは活性酸素の発生を増加させます。また、試合中の緊張は、心臓マヒなどを引き起こします

体内の酵素SODの不足

長期間の活性酸素による害で、身体組織や心臓の障害を受け、様々な疾患や老化を促進します

  「激しいスポーツを継続して行えば短命になる」という統計的事実があります。SOD様作用食品は、激しいスポーツにより発生する活性酸素を除去します。

  《17》 スポーツと活性酸素コンテンツ

1 スポーツは体の免疫力を落として
万病のもとになる!
2 激しい運動で活性酸素が大量発生
激しい運動は短命や万病のもと
3 過激なスポーツの選手は
活性酸素の害で様々な障害や短命に
 
サイトマップお問い合わせ